PUR製本

新潟県内、東北圏内で初の高品質・高速・量産に対応したPUR製本サービス

従来の無線綴じ製本より耐久性と使いやすさが格段にアップ!

EVA製本(従来型の製本方式)
EVA製本(従来型の製本方式)
ノド元(綴じ部分側)まで開くことができないため、ノド部分が見づらい。
見開きページではノド部分にあるデザインや絵柄が見えづらい!
PUR製本
PUR製本
ページが大きく開くため、ノド元部分の絵柄までよく見えて、デザインの自由度も高い。
しかも、ページがバラけにくく、壊れにくい!
PUR製本セパレートバック
PUR製本セパレートバック
本文の背と表紙の背が接着されていない形式のPUR製本です。表紙にシワなどのダメージを与えることなく、開口性の良さを保てます。

※開口性につきまして、紙質、頁数、仕上寸法などにより差がありますので、ご用命の際にはご相談ください。

PUR製本とは

  • 従来の一般的な製本糊である「エチレン酸化ビニル系接着剤(EVA:通称“ホットメルト”)」に代わり、接着強度の高い「反応性ポリウレタン系ホットメルト接着剤(PUR)」を使用した製本方法です。
  • 従来方式に比べて、強度と耐久性に優れ、広開性も良く、見開きもデザインを気にせずきれいに表現できるなど、さまざまなメリットがあります。
  • 当社では、最新の高速自動無線綴じ機ライン「アレグロ」を導入により、高品質・高速・量産に対応したPUR製本サービスをご提供いたします。

PUR製本の特長

Point 1 PUR製本の特長

長期に使用し、激しく開閉されるような本や冊子にも最適です。

  • 教科書
  • カタログ
  •  事典 など

Point 2 のど口まで大きく開けて読みやすい!

強力な接着性と柔軟性により、これまでの製本方法に比べて、冊子のノド元(綴じ部分側)まで強く開くことができます。

ページ数の多い冊子でも大きく開くことができるので、読みやすさ、使いやすさも大幅にアップ。強く開いてもページが抜けたり、壊れたりする心配がありません。

大きく開くことができるため、コピーやスキャニングもノド元までキレイにとることができます。

作業をしながら、ハンドフリーの開きっぱなしで使いたい本や冊子にも最適です。

  • レシピ本
  • 楽譜
  • 参考書 など

コピーをとる機会が多い本や冊子にも最適です。

  • 報告書
  • 資料集 など

Point 3 見開きの絵柄もきれいに!

PURではインキ溶剤にも強く、従来型のEVA製本のように接着剤と印刷インキとの化学反応による接着強度の低下や紙シワの発生を気にする必要がありません。

接着面となるノド元まで印刷しても問題がないため、ページを大きく開いても見開きの絵柄をキレイに見せることができます。

見開きのデザインやビジュアルが多くある本や冊子にも最適です。

  • 写真集
  • 絵本
  • 図鑑 など
※糸かがり製本(上の写真)のように縫い穴もありません

Point 4 温度変化にも強く保管がしやすい!

PURはマイナス50℃~プラス80℃程度の環境下でも製本状態を維持できます。

夏場・冬場の屋外の車内への放置、エアコンのない倉庫に保管しても接着剤が溶けたり割れたりする心配がありません。

変質・劣化が少ないため、保管がし易く、丈夫で長持ちする冊子をつくることが可能です。

長期間保管される本や読み開き頻度の多い冊子にも最適です。

  • 記念誌
  •  卒業アルバム
  • 学術資料などを主流とし、現在では定期雑誌に至る多くの冊子にご用命頂いております。

車内など温度変化が厳しい場所に放置されることが多い本や冊子にも最適です。

  • 地図
  • ガイドブック
  •  取扱説明書 など

Point 5 環境にも優しい!

エコロジーの観点からもPUR製本は注目されています。

一旦固着すると高温環境でも溶けないPURは、古紙リサイクルの過程でパルプとの分離が可能なため、日本印刷産業連合会の古紙リサイクル適正ランクリストで最高の「Aランク」に分類されています。

また、従来のEVA製本に比べ、少ない量で強度が出せ、低温で接着ができるPURは、加工時の電力消費量も抑えることができるため、CO2の発生量も低減され、省資源、省エネにも効果的です。

環境に配慮した製品であることをアピールしたい本や冊子にも最適です。

  • 環境報告書
  • CSR報告書など

製本のお困りごとを「PUR製本」で解決!!

株式会社 第一印刷所
〒950-8724 新潟県新潟市中央区和合町2-4-18
ご相談・お問い合わせをお待ちしております。